ダンスの見どころ
トップページ
*****
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
ダンスホールと
パーティ会場
*****
山象流!コラム
ダンスの本
ダンス音楽
*****
リンク
パートナー
募集掲示板
管理人のブログ
管理人へのメール
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
ダンスの見どころ管理人ブログ2017「社交ダンス」とは何か?投稿67

〔ブログ記事〕管理人が投稿した記事と、読者から寄せられたコメントです。
投稿67 社交ダンスとは何か?その22
 2017/04/07(金) 21:10:50  カテゴリー:「社交ダンス」とは何か?  投稿者:山象

さて、今回は、「ナチュラルスピンターンのピボット」と「CBM」との関連についてです。

4sb064.png

社交ダンス(スタンダード種目)において、
  「レッグ・スウィングの開始」や「ピボット(pivot)の開始」のタイミング
と、
  ボディが「クロスモード」から「パラレルモード」に切り替わるタイミング
とは、密接な関係が存在する。(両者のタイミングは、ほぼ一致する)

4s202c.png

で、の切り替えは、
「てのひら」や「土踏まず」の「パワーライン」を変えてやれば、ボディの「クロスモード」と「パラレルモード」を
変えることが出来るし、ボディのクロス/パラレルを変えれば、「土踏まず(足)のパワーライン」を変えることができる。

「土踏まず(足)のパワーライン」が変われば、ボディに回転動作が起きる。

この時、「クロスモード」から「パラレルモード」に切り替わるタイミングは、
Bタイプ(膝を軸から外して、股関節で軸を作る)は、前方または後方に伸ばして行った足が着地するタイミング
Aタイプ(膝と足首に体重を掛けて軸を作る)では、支え足の真上をボディが通過するタイミング。
両者では切り替わるタイミングが異なる・・・・と言う点は、非常に重要である。

hil_pivot_a1.jpg

ピボットで男性の右足が動くのは、【4】~【5】の間。
ピボットは中間バランス(ボディが両足の間)であり、ボディは左足の真上には達しない。

cm_pivot_a2017.png

「Bタイプ」の「ピボットの原理」は、こうなってる。

kara082_d.png

こちらは、完全に左足(ピボットする足)の真上に、ボディを移動させている。
檜山先生は、「Aタイプ」ですね。

shino084a.png

「中間バランスでのピボット」を否定し、「左足の上でピボットせよ」とある。

-*-*-*--*-*-*-*-

で、今回のテーマ、「ピボット」と「CBM」の関連です。

社交ダンスの「教師用の教本(教科書)」は、少なくとも2種類、存在します。
どちらも、イギリスの教師の団体が発行している「英語版の教本」の日本語訳です。

「ボールルーム・ダンス・テクニック」 のCBMの説明

 > ボディアクションのことです。
 > 通常回転を始めるために前方又は後方に動く足の方向に、
 > 反対側の(支え足側)のボディが起こす回転動作のことです。

「テクニック・オブ・ボールルーム・ダンシング」のCBMの説明

 > 回転を始める為に用いられる体の動作で、
> ステップする足の反対側の体を、前方又は後方に動かすことである。
 > CBMは、ナチュラル又はリバース・ピボットで最も強く用いられる。
 > CBMを用いて前方にステップする時には、トゥは少しターン・アウトする。
 > 後方にステップするときは、トゥを内側に向ける。

と、書いてあります。

着目すべきなのは、
  「CBMは、ナチュラル又はリバース・ピボットで最も強く用いられる。」
という表記であり、これは、
  「ナチュラルスピンターン4歩目、男性後退のピボットの中にCBMが存在する」
ということを意味します。 それも「最も強いCBM」ですね。

スピンターンのピボットにおける「CBMと称する動作」は、
 「後退する左足が床に着地した瞬間」から「左足の真上をボディが通過する瞬間」
の間に発生する「ボディ・ムーブメント」だろうと思われます。

ここまでは、おそらく、異議は無いはずです。
でも、この先が問題です。

マーカス・ヒルトン(敬称略)は、中間バランスでピボットをやってますので、
「CBMと称する動作」は「ピボット回転の開始後のボディムーブメント」となります。
Bタイプのピボット開始後(つまり回転中)のボディは、「パラレルモード」になっていて、
右ボディ全体(右腕・右肩・右肩甲骨・右股関節・右骨盤)が、同時に後退しています。
従って、Bタイプでは、「カラダのねじれが取れたパラレルモードがCBM」だという
解釈になってきます。

一方、檜山先生・篠田先生を始めとする日本のプロ教師は、
ボディが左足の真上に達した状態でピボッ回転を行っているので、
「CBMと称する動作」は「ピボット回転を始める以前のボディムーブメント」となります。
Aタイプのピボット開始前のボディは、「クロスモード」になっています。
従って、Aタイプでは、「肩と骨盤に角度差を付けて、ボディに捻れを作るクロスモードが
CBM」だという解釈になってきます。


日本の社交ダンスの基本は「Aタイプ(膝と足首に体重を掛けて、股関節を後ろに引く)」になっていて、
長い間、日本国内において「Bタイプ」の社交ダンスを教えることは(実質的に)禁止されてきました。
(去年まで、Bタイプでのプロ免許の取得は不可能。免許無しで教えると風営法違反で刑務所行きだった)

なので、日本のプロ教師は、生徒に対して、「CBMとは、カラダを捻ることだ!」と教えます。
ほんとうに、それが「正しいCBM」だと言えるのでしょうか??
檜山先生や、篠田先生、金沢正太先生のように、左足の真上でピボットするのが正しいのであれば、
「CBM=おもいっきりカラダを捻ること」という解釈(日本の社交ダンスの教え方)は、
正しいことになります。
でも、それであれば、「マーカスヒルトンは、CBMを知らない」ことになってしまいます。

Aタイプと、Bタイプは、根本的に動きが違うので、
「AタイプにもBタイプにも共通するCBM」などというモノは、おそらく存在しません。

教本は、AタイプかBタイプか、どちらか片方の動きに合わせて書いてあるはずです。
そして、「CBM」という動きは、Aタイプか、Bタイプか、どちらかだけに存在するボディ
ムーブメントだということになります。

日本の社交ダンスは「Aタイプ」に統一され、「Bタイプ」は問答無用で排除させられています。
この現実を持って、教本は「Aタイプのカラダの動きを元に書かれているのだ!」言い切れるか?
言い切れません。
なぜなら、マーカスヒルトンを始めとするイギリス人は、Bタイプの踊りをしているから。
日本人のBタイプは「排除対象」だけど、外国人のBタイプは「大歓迎」なんですよね。

こういうのって、誰も疑問を持たないのでしょうか?
なにかが変だ? とは、誰も感じませんか?


投稿67社交ダンスとは何か?その22 への コメント (0件)

コメントを投稿する
   投稿されたコメントは、すぐには公開されません。管理人の承認手続きを経て公開されます。
数日たってもコメントが公開されないときは、管理人までメールください。
(スパム扱いになって、削除されることがあるようです)
【必須】名 前(ニックネーム)
【必須】メールアドレス
【必須】コメント(※一カ所でも「gmail」という文字を入れると「スパム」扱いになります)
 





システムの不具合など、なんらかの理由でコメントが投稿できないケースもあり得ます。
(不具合が発生すると、せっかく書いた投稿が,一瞬にして消えてしまうかもしません)
長い文章を書くときは,事前に文章を作っておいてから、文章を枠の中に貼り付けてください。
・全角文字を10文字以上入れてください。(英数字だけのコメントは登録できません)
・ハイパーリンク(http://...を含む文字列)がある場合は、登録できません。
・一度投稿した投稿は、削除,修正できませんのでご注意ください。
投稿ボタンを押してから、20秒間お待ち下さい

67社交ダンスとは何か?その22 への トラックバック
  現在、この投稿へのトラックバックは、受け付けていません。


リンク  ブログのトップページへ
 カテゴリー〔「社交ダンス」とは何か?〕の投稿一覧へ
 前〔投稿66 2017/04/07〕: 社交ダンスとは何か?その21
 次〔投稿68 2017/04/11〕: 今日の日記0410

〔ブログ記事〕管理人が投稿した記事と、読者から寄せられたコメントです。


  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
「社交ダンス」とは何か?
お知らせ
かがやき練習会
つれづれに(雑談です)
今日の日記

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2017年4月分の投稿
2017年3月分の投稿
2017年2月分の投稿
2017年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
今日16日は、かがやき練習会
明日16日は、かがやき練習会
今日の日記0413
今日の日記0412
今日の日記0410
社交ダンスとは何か?その22
社交ダンスとは何か?その21
今日の日記0405
社交ダンスとは何か?その20
社交ダンスとは何か?その19

コメントのある投稿
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索